身体作り

ダイエットにタンパク質は・・・やっぱり必要だった!

流行りに乗ってコンビニでサラダチキン買ってみたり
間食をアーモンドにしてみたり

タンパク質がダイエットに良いって聞いたから、食べてるけど
何がどう良いの!?というか本当に意味あるの?

という疑問にお答えしたいと思います。

 

当サイトの内容

ダイエットにタンパク質は必要じゃん!と思える2つの事実をご紹介

①筋肉の80%はタンパク質で出来ている!
②タンパク質を食べるだけでカロリーを消費する

トレーナー歴9年を超える私が
わかりやすく、解説しようと思います!

筋肉の80%はタンパク質でできている!

テレビでも、雑誌でも筋トレの記事が最近多いですよね。
じゃあダイエットと筋肉の関係ってなんなのよ?
説明しましょう。

ダイエットと筋肉の関係

まずはこの話から

「痩せる」「太る」とは?

まずは簡単な式からお見せします。

体重増える摂取カロリー   >   消費カロリー
体重減る摂取カロリー   <   消費カロリー
体重キープ摂取カロリー    =   消費カロリー

単純な計算式で言えば
食べた物のカロリー(摂取カロリー)と
燃やしたカロリーのバランスで体重は決まります。

燃やしたカロリーが食べた物のカロリーより多ければ
エネルギーは「−」となり「痩せる」

逆に
摂取カロリーが燃やしたカロリーより多ければ
エネルギーは「+」となり「太る」ということですよね!

消費カロリーって?

簡単な計算式はわかったと思います。
では、燃やしたカロリーとはなんぞや?という事です。

燃やしたカロリー = 1日のエネルギー消費量

では1日のエネルギー消費量が何かと言うと

1日のエネルギー消費量 = 安静時代謝量 + 活動時代謝量

となります。
やだ!難しいと思った方も大丈夫ですよ!

活動時代謝量というのは、あなたが動いた分、消費したカロリーのこと。
動くと言っても運動に限ったことでなく
掃除機がけ・洗濯物を干すなど、動いた分はすべて当てはまります。

安静時代謝量とは何か?

安静時代謝量とは下記の通りの状態でのエネルギー消費量のことです

・寝っ転がっている(静かに休息)
・静かに座っている

よく基礎代謝量って聞くと思いますが
安静時代謝量とはあまり聞き慣れないですよね。

ここは簡単に安静時代謝量は基礎代謝量みたいなもんだ!
と思って頂ければOK!
(2つは測定方法が異なります)

基礎代謝が高いほうが痩せやすい

基礎代謝が高ければその分
何もしないでも多くのカロリーを消費するのです。

・寝っ転がりながらNetflixを見ていても
・座ってネイルしていても
エネルギーを消費している。

最高じゃん!!

基礎代謝は様々な要因で変動しますが
その中の一つに筋肉の量が関係するのです!

ダイエットに必要な筋肉!筋肉に必要なタンパク質!

ダイエットに筋肉は大きく関係しています。
筋肉の水分を除くと80%がタンパク質から出来ているのです。

いつもと同じルーティーンで、同じように動いても
筋肉の量が多ければ
いつもより多くのエネルギーを消費できる。

その筋肉のほんとんどはタンパク質から出来ています。
やはりダイエットにはタンパク質が大事です。

タンパク質を食べるだけでカロリーを消費する!

食べてもカロリーを消費する
むしろ食べたらカロリーを消費する

そんなことってあり得るのでしょうか?

ごはんを食べてカロリーを消費する

ちょっと思い出してみてください。
がっつり飯を食べている時って汗かくことありませんか?

逆にカロリーを気にして、サラダとか食べている時って
暑い暑い言いながら食べていることってないですよね?

理由があります。

食事誘発性熱生産

食事のあとにエネルギー代謝が促されて、体温が高くなることを言います。

しかもすごい事にその効果は下記の通り

・食後すぐに始まり
・約1時間後にピークを迎え
・5〜10時間くらいは続く (その間少しづつ効果は低下します)

割合はタンパク質が一番大きい

食事誘発性熱生によるエネルギーの消費量は
タンパク質・糖質・脂質により異なり

タンパク質だけを食べた時が30%と一番大きいです!

糖質だけ:6%
脂質だけ:4%

ダイエットにタンパク質を摂ることは大事

最近は、糖質制限などが流行っています。

ダイエット中でもタンパク質を摂ろう
と思わる方も増えました。

タンパク質を摂ることを意識していなかったという方は
少し意識してみるいいかもしれません。

バランスが大事

タンパク質とダイエットの関係についてお話しましたが
バランスが大事です。

タンパク質が少ないのはよくないですが
タンパク質摂りすぎも良くないです。

それについてはまた今後書いて行きますね。
今回は以上です。